新型コロナウイルス感染症 予防への取り組み
新型コロナウイルス感染症対策
検温(スタッフ)
検温(来校者)
受付
座席
教習車
教室・案内
消毒
新型コロナウイルス感染症 予防についてご協力のお願い

この度は、合宿免許プランのご検討をいただきまして、誠にありがとうございます。 新型コロナウィルス感染症への対応として、入校される皆様に事前の確認事項やお願いすることについて、ご案内しております。

ご協力のお願い・注意事項

  1. 入校される14日前から、ご自身での検温実施をお願いいたします。その間37.2℃以上の熱がある場合、さらに咳、のどの痛み、頭痛、鼻水、倦怠感、嘔吐、下痢、味覚障害などの体調不良がみられる場合は医師の診断を受け、完治してからのご入校をお願いいたします。また、お客様の家族、周囲の関係者の方にウィルス感染の可能性がある方がいる場合には入校をお断りします。
  2. 海外渡航されて、帰国後、行動制限期間(14日間または政府が定めた期間)に該当する方の入校はできません。また、家族に同様の方がいる場合のご入校もお断りすることとなります。
  3. 入校当日、集合場所または教習所にて検温を実施させていただきます。その際37.2℃以上の熱がある場合、咳、のどの痛み、頭痛、鼻水、倦怠感、嘔吐等のいずれかの症状がみられた場合には、入校をお断りし、帰宅していただきます。
  4. 教習での滞在期間中、毎日検温をさせていただきます。その際37.2℃以上の熱が出ている場合、また咳、のどの痛み、頭痛、鼻水、倦怠感、嘔吐等のいずれかの症状がみられた場合には、当社の判断で一時帰宅又は退校していただくこととなります。
  5. 万が⼀同時に教習に参加したご友⼈等がコロナウイルス陽性となった場合、ご友⼈の⽅に上記の症状がなくても当社判断にて⼀時帰宅⼜は退校していただくことになります。
  6. 上記❸❹❺に該当した場合の交通費はご自身の負担となります。
  7. 教習での滞在期間中はマスクの着用をお願い致します。なお、マスクはご自身で持参していただくようになります。又体温計、常時服用している薬等(お薬手帳又は服用している薬がわかる物)もご持参ください。
  8. 教習での滞在期間中、ウィルス感染など不慮の事態が発生し教習の継続が不可能となった場合の休校については、一時帰宅または退校をしていただくことがあります。この場合の交通費につきましては、前記❸❹❺の場合と同様の扱いとさせていただきます。退校の場合、未教習分の料金の払い戻しにつきましては、当社規定に基づき清算させていただきます。
  9. ウィルス等感染防止のため、入校特典につきましては停止、または変更となる場合があります。
  10. ウィルス感染拡大地域にお住まいの方で、公的機関より、行動制限を要請、指示などをだされている方については、入校をお断りさせていただく場合があります。
  11. 教習内容によっては1台の教習車に3,4名が乗車することがありますのでご了承下さい。又複数教習中のマスク着用、車内消毒、換気のご協力をお願いいたします。